痛み止め薬の副作用と注意点
痛み止め薬の副作用で代表するのに適しているのは胃腸障害ですね。痛み止め薬は、痛みの源となるPG(prostaglandin)の生産を抑えて痛みを鎮めていきますが、このPG(prostaglandin)の生成が抑えられると、胃の粘液の分泌も減少してしまいます。

胃酸から胃壁を保護している液体が減少することで、胃の粘膜が傷を受け、痛みやムカつきといった症状が現れます。そして、重症になると胃炎や胃潰瘍などを引き起こすこともあるため、注意が必要なんです。痛み止め薬、いわゆる鎮痛薬を使用する際の注意点をまとめてみました。案外、何気なく服用されているかも知れませんが、隠れた注意点が有ります。

市販痛み止め薬が効かない痛みもあります。

どんな痛みの場合でも、薬局で販売している市販薬で痛みを改善するわけではありません。市販痛み止め薬の使用が勧められるのは、一次性痛みと呼ばれる次のようなケースです。

片頭痛

血管周囲の炎症が痛みの原因とされています。発作時にズキズキする痛みが起こるのが特徴で、吐き気や嘔吐、光・音過敏などを伴うことがあります。緊張性頭痛とは逆に、温めたり揉んだりすると痛みが増す傾向があります。痛みが辛い時は氷枕などで頭を冷やしたり、静かな部屋で横になるのが一番です

群発性頭痛

目の周囲からおでこ、こめかみ部分にかけて激しい頭痛が数ヶ月続き、涙が流れたり、鼻がズルズルと出てきたりするときは、「群発性頭痛」が疑われます。群発性頭痛は、市販薬ではなかなかよくならないので、病院で薬を処方してもらった方が良いです。

二次性頭痛と呼ばれる、何らかの隠れた病気が潜んでいる場合の頭痛には、市販薬で痛みを隠すことは、よくありません。まず、元となる病気を直すことが大切です。

たとえば、突然痛みが現れた時や、発熱を伴うとき。どんどん痛くなっていくとき。そんな時は背景に、どんな病気が隠れているのかわかりません。可能な限り、病院を受診しましょう。ひどくなってからでは遅いですから。

痛み止め薬への依存はやめよう

痛み止め薬について、そのタイプや作用の機序を紹介してきました。普段使用している薬がどのようなしくみで効いているのかを知ることはとても大切なことだと思います。また、普段から痛み止め薬を服用している人では安心するという理由だけで飲んでいるという人も少なくないと思います。

しかし副作用の危険性は常にあるということや、どのような痛み止め薬でも簡単な使用は推薦されていないということを覚悟しておく必要があるでしょう。Opioidの依存性だけでなく、依存性の少ない痛み止め薬でも依存してしまうケースは多いとされています。痛み止め薬は用法・用量を守ることはもちろん、本当に必要かどうかやそのはたらきと起こり得る副作用を十分に理解してから服用するようにしましょう。

片頭痛治療おすすめ:片頭痛|痛み止め薬通販・JPDrug

男女用ものオススメ

勃起不全

媚薬

バルシビル通販

レビトラ

シアリス

バイアグラ