ボベランとは、ノバルティス社が開発した痛風・捻挫・骨折・脱臼・筋肉痛など痛みや炎症を抑えるお薬です。

主成分であるジクロフェナクナトリウムは、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによってプロスタグランジン合成を抑制するため、炎症を鎮める・痛みの症状を抑える効果があります。関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛などの鎮痛目的で使用されています。

ボベランは内服薬の為、体中の隅々まで痛みの症状を緩和してくれます。熱・痛みの原因を治療するお薬ではありませんのでご注意下さい。

ボベランの使用方法

ボベランは1日1~2錠を水またはぬるま湯で服用して下さい。

ボベランの副作用

ボベランは用法容量と守って、使用すればほとんど副作用は無いと言われています。また、個人差があり、服用する際は、医師にご相談下さい。副作用の主な症状は、食欲不振・嘔吐・胃痛・下痢・胃潰瘍・頭痛・ねむけ・貧血・心筋梗塞等です。

ボベランの注意点

  • ボベラン症状により服用量は異なりますので、ご注意ください。大量に塗り過ぎた部分をよくふき取ってください。
  • 妊婦、産婦、授乳婦が使用する場合は医師に相談してください。
  • エマンジェル1%はアルコールを含んでいますので、火気に近づけないでください。
  • 使用に関する一般的な情報をすべて記載したものです。注文や利用はご自身の判断・責任で行って下さい。

痛みというのは日常生活を影響できるほどひどいです。鎮痛剤(ちんつうざい)もしくは痛み止めとは、痛みに対する鎮痛作用を有する医薬品の総称です。鎮痛剤は、中枢神経系・ 末梢神経に対し様々な機序で作用する。痛み止め薬としては、腰痛痛み止め薬、歯痛み止め薬、痛風痛み止め薬などです。