マクサルトジェネリックであるリザクトは、片頭痛の痛みを和らげる薬です。 即効性があり服用後、約15分程度で痛みを和らげる効果があります。

偏頭痛とは、血小板から血管を収縮させる働きを持つ物質のセロトニンが放出され、一時的に脳の血管が収縮されます。その後、時間が経つにつれセロトニンが分解され、一旦は収縮された頭の血管が一気に広がってしまい、そこが炎症を起こして痛みとなって現れるのです。発生の原因はしっかりと特定されておらず、週に1~2度の間隔で発作的に起きてしまうというのが特徴であり、しかもその痛みは強烈で、ひとたび痛みが生じると寝込んでしまう、仕事が一切手につかなくなるといった大きな支障があります。

片頭痛持ちの方は長くこの病気と付き合う必要があるわけで、命に関わることこそないものの「慢性頭痛」と呼ばれるこの病気は人生にとってマイナス面が多すぎます。それでも「血管の拡張と炎症」の対処ができれば、まずは頭痛をやわらげることが可能になります。

リザクトは「トリプタン系」と呼ばれる薬剤であり、広がりすぎた脳の血管を元に戻す再収縮作用があります。そして痛みを引き起こす原因である脳の三叉神経に作用するという徳著王があります。神経ペプチドと呼ばれる痛みの根源たる物質の放出を抑えることで、痛みを取り除くのです。また、三叉神経の刺激が大脳へと伝達されることで起こる吐き気、音・光への過敏症といったものも同時に抑えてくれるのです。

マクサルトジェネリックであるリザクトの使用方法は

偏頭痛時に、1日1回1錠とし水またはぬるま湯で服用して下さい。
1日の上限を20mgまでとして下さい。