腰痛は多くの人が経験したことがある症状で、原因、痛みの強さや持続時間などの症状も様々であることが特徴です。

例えば、長く同じ姿勢でいたり、運動不足や女性特有の原因で発生する症状です。

腰痛は、老若男女を問わずに悩まされることも多く、ともすれば慢性化してしまうことも多いようです。

腰痛の原因は、同じ姿勢をとった影響、運動不足、筋肉の損傷などいろいろです。

では、どうすれば腰痛が緩和させ、予防できるのか?以下でご紹介します。

腰に負担をかけないように、腰痛予防を心がけましょう。

1. 姿勢をよくする

腰痛を予防するには姿勢が第一です。できるだけ体に近いところで作業してください。

かがんだりひねったりする動きは減らしてください。

また、パソコンを操作するときは椅子と作業台を調整して、肘を90度に曲げられる姿勢をとってください。

2.ベッドを見直す

ベッドに硬いマットレスより柔らかいマットレスを使う人が腰痛を起こしにくいとした研究があります。

3.靴を見直す

腰痛の原因のひとつは靴です。足に合っていない靴、ヒールのある靴、

クッション性の悪いサンダルなどが腰痛を引き起こせます。

4.休息をとる

疲労がたまると腰痛に発生する恐れもあります。

5.運動をする

腰やお腹や膝のストレッチを行うことで、腰痛予防が楽しみできます。

6.ストレスを発散する

ストレスも腰痛に悪影響を与える可能性があります。