頭痛、文字通り、頭が痛いということです。それが何らかの原因で頭部血管の拡張、筋肉の緊張、神経の圧迫、炎症や出血などで頭痛が起こってきます。しかし、頭痛はその起こし方や頭痛の持続時間、痛み方、部位及び随伴症状によって病状が違い、または重大な病気の前兆かもしれません。

・急性頭痛
激しい頭痛が数分から数時間で急激に進行する頭痛です。
その代表がくも膜下出血で、くも膜と脳の間のくも膜下腔に出血した状態です。最も多い原因は脳動脈瘤の破裂で、脳の動脈がこぶのようにふくれて破裂することで発症します。

・亜急性進行性頭痛
数日から数週間で進行するもので、はじめはそれほどでもない痛みが次第に強くなっていきます。頭蓋内にできた腫瘍がだんだんと大きくなり、それに伴って頭痛をはじめ、さまざまな症状が現れてきます。頭痛は突然に起こることは少なく、慢性的に持続し、一般に朝起きた時に強く、次第に弱くなっていく傾向にあります。それが脳腫瘍の可能性があると考えられます。
脳腫瘍の他にも慢性硬膜下血腫の可能性があります。慢性硬膜下血腫は、軽い頭部外傷ののち、脳の硬膜とくも膜の間に血液がたまる病気です。受傷1~2月ほどたったころ、頭痛や意識障害、片麻痺や失語症などが現れてきます。男性、とくに中年以降でアルコールを大量に飲む人に多く発症します。

・片頭痛
片頭痛は、頭痛が起こる前に予兆や前兆を伴うことがあります。予兆としては、食欲亢進、あくび、感覚過敏、むくみ、興奮、疲労感などが、頭痛の2~3日から現れます。片頭痛は女性の方が多い発症し、思い月経前の1週間ぐらいのときで起こします。だからもし頭痛がある場合は是非一度病院へ行ってみたほうがおすすめです。

頭痛の改善方法

・適量の水を飲みます。
体の水分が足りないと、血液中の水分も足りません。つまり、頭部に流れている血液の水分も足りない状態で、ドロドロになって、スムーズに流れなくなり、頭痛が起きてしまいます。だから大人も子供も毎日適量の水分を補充することは頭痛を予防する効果的な方法です。

・マッサージで頭痛を改善します。
頭の後ろの頸部のところに風池、天柱二つのツボがあります。この二つのツボのマッサージは頭痛を有効的に改善できます。マッサージで刺激を与えますと、血行が良くなりいt見がふわーっと軽くなります。

・お風呂
お風呂に入ると、血液の循環が良くなりますので、頭部の血液の流れも良くなります。頭痛を改善するだけでなく、目の疲れも取れます。